エポキシシンナー

特徴

商品名 特徴

NTXエコエポシンナー

環境対応型・PRTR法対象外商品

Bエポキシシンナー

常温乾燥型標準品

Cエポキシシンナー

希釈能力に優れる

Cエポキシシンナー(S)

希釈能力に優れる、夏用遅乾タイプ

タールエポキシシンナー

タールエポキシタイプ用

FKDエポキシシンナー

2液エポキシタイプ用

 

 

荷姿

石油缶 ドラム コンテナ タンクローリー
16L 200L 1t

 

 

エポキシ塗料とシンナー

エポキシ塗料の特性は耐薬品性(酸、アルカリ)に優れ、硬い塗膜を形成する事です。
欠点は耐候性が悪く、屋外の上塗りには不向きな事です。
種類は大きく分けて常温乾燥型、焼付乾燥型、粉体塗料型があります。
常温乾燥型ではタールエポキシ塗料がありますが、耐食性、耐塩水性に優れています。
また、厚塗りが可能なものがあり、長期保護膜としての用途に使用されます。
シンナーは乾燥が比較的速いものを使用します。
焼付乾燥型は金属面塗装の焼付下地塗料として多く使用されます。
通常130℃から160℃程度で焼付をする為、シンナーは乾燥の遅いものを使用します。
粉体塗料型も150℃から180℃程度で焼付をしますが、シンナーは使用しません。

 

 

お問い合わせフォーム

法人名・部署名

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

件名必須

メッセージ本文必須