改正女性労働基準規則

施工期日

平成24年10月1日

目的

生殖機能などに有害な物質が発散する場所での女性の就業を禁止

女性労働者の就業を禁止する業務

労働安全衛生法令に基づく作業環境測定を行い、「第3管理区分」となった屋内作業場での業務
タンク内、船倉内での業務など、規制対象となる化学物質の蒸気や粉じんの発散が著しく、
呼吸用保護具の着用が義務づけられている業務

概要

◆女性労働基準規則の対象26物質◆

■特定化学物質障害予防規則の適用を受けているもの

1.塩化ビフェニル(PCB) 9.水銀およびその無機化合物 (硫化水銀を除く)
2.アクリルアミド 10.塩化ニッケル(Ⅱ) (粉上のものに限る)
3.エチルベンゼン 11.スチレン
4.エチレンイミン 12.テトラクロロエチレン(パークロルエチレン)
5.エチレンオキシド 13.トリクロロエチレン
6.カドミウム化合物 14.砒素化合物 (アルシンと砒化ガリウムを除く)
7.クロム酸塩 15.ベータープロピオラクトン
8.五酸化バナジウム 16.ペンタクロルフェノール(PCP)
 およびナトリウム塩 
  17.マンガン
 ※マンガン化合物は対象となりません 
 ※カドミウム、クロム、バナジウム、ニッケル、砒素の金属単体は対象となりません

 

■鉛中毒予防規則の適用を受けているもの

 

18.鉛およびその化合物

 

■有機溶剤中毒予防規則の適用を受けているもの
19.エチレングリコールモノエチルエーテル
(セロソルブ)
23.N,N-ジメチルホルムアミド
20.エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート
(セロソルブアセテート)
24.トルエン
21.エチレングリコールモノメチルエーテル
(メチルセロソルブ)
25.二硫化炭素
22.キシレン 26.メタノール

お問い合わせフォーム

法人名・部署名

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

件名必須

メッセージ本文必須