リペアソルブS

鉛・PCB含有塗膜対応 環境対応型 塗膜剥離剤

◆国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)登録商品(登録№CB-170013-VE)

◆国土交通省/土木研究所 土木鋼構造物用塗膜剥離剤ガイドライン(案)改訂第2版準拠品

 

 

 ☚【リペアソルブS実績動画①】

 

実際の橋梁剥離現場の様子を収めました。

 

 

用途

鋼構造物(橋梁、歩道橋、水門、鉄塔など)の塗膜剥離

※鉛・PCB含有塗膜にも対応

 

>>下記の代わりとして使用可能

  • 塩素系剥離剤
  • サンドブラストなどの物理的剥離

 

対象塗膜

▶軟化しやすい塗膜

  • 鉛系錆止め剤
  • フェノール樹脂MIO塗料
  • エポキシ樹脂MIO塗料
  • 長油性フタル酸樹脂塗料
  • 塩化ゴム系塗料
  • タールエポキシ樹脂塗料
  • エポキシ樹脂塗料
  • 長ばく型エッチングプライマー
  • 有機ジンクリンチペイント

 

▶軟化しにくい塗膜

  • 鉛丹錆止め塗料
  • 厚膜型エポキシ樹脂塗料
  • ポリウレタン樹脂塗料
  • フッ素樹脂塗料

 

▶軟化しない塗膜

  • ガラスフレーク入り塗料
  • 無溶剤型塗料
  • 無機ジンクリンチペイント
  • 無機ジンクリンチプライマー

※さびや黒皮(ミルスケール)は除去できません

 

 

特徴

リペアソルブSは水系の剥離剤です。
生分解性が高いため、作業者や環境への影響が少なく、安全な作業環境づくりに貢献します。また、従来の塩素系剥離剤と比べ、多層塗膜への浸透性が高く、一度に複数の塗膜を剥離することができます。
リペアソルブSによる剥離は、塗膜が膨潤シート状に剥離されるため、剥離時に塗膜が飛散することなく、塗膜の回収が容易です。

環境対応型鉛PCB剥離剤repairsolveS

 

◎環境対応型で強力剥離

ジクロロメタン非含有でありながら、あらゆる塗料に対して効果があり、強力に剥離することができます。

 

◎極めて低臭

溶剤臭がほとんどしないため、作業者に優しく、周辺環境に配慮した作業ができます。

 

◎非危険物

消防法上の非危険物なため、火気や静電気による火災事故を防ぐことができます。

 

◎経済性に優れる

ブラスト工法などに比べ、鉛やアスベストなど、有害物質を含む塗膜ダストの飛散対策が容易で、人件費や二次設備費を圧縮できます。また、リペアソルブS自体も、水系剥離剤としては安価で、荷姿も豊富です。

 

◎液ダレしない高粘度タイプ

液ダレしないよう、適度な粘度があるため、刷毛塗りやスプレー吹きに適しており、安全に作業ができます。剥離カスが散ることもありません。

 

 

 

標準施工時間

塗装系 気温・湿度 標準塗布量 剥離可能塗膜厚 膨潤・軟化時間(20℃)
A塗装系 フタル酸樹脂塗料 気温5℃以上

(10℃以上を推奨)

 

湿度85%以下

(結露時は施工不可)

1回の塗布につき

0.5~1.0kg/㎡

500㎛/回 18時間以上
B塗装系 塩化ゴム系塗料
C塗装系 ポリウレタン樹脂塗料

フッ素樹脂塗料

24時間以上
D塗装系 タールエポキシ樹脂塗料

 

 

 

使用方法例

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順1

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順2

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順3

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順4

 

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順5

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順6

 

 

環境法令

法規制

リペアソルブS

従来タイプ

(塩素系剥離剤)

有機溶剤中毒予防規則 非該当 非該当
特定化学物質障害予防規則 非該当 該当
消防法 非該当 非該当
PRTR法 非該当 該当
廃棄物処理法 産業廃棄物 特別管理

産業廃棄物

 

 

実績集

施行動画

 

 

 

 

カタログダウンロード

リペアソルブSカタログサムネイル

 

 

リペアソルブS(4ページ)2MB

 

【補足記事】

鉛・PCB含有塗料の危険性と剥離剤の今

 

お問い合わせフォーム