IPAについて

IPA(イソプロピルアルコール)とは

IPAとはイソプロピルアルコールの略で、

お酒のアルコール成分であるエタノールと同じ、アルコール類の一つです。

但し、エタノールとは違い、飲むことはできません。

 

毒性が高く、有機溶剤中毒予防規則(有機則)にも該当する溶剤です。

 

身近なところのIPA

IPAは工業用の洗浄剤や希釈剤として使われることが多いのですが、

私たちが普段日常生活の中でも手にする商品にも含まれています。

 

●クリーナーとして

メガネレンズのクリーナーにもIPAが含まれています。

水で拭くよりも乾燥が早く、ほこりや皮脂など、細かい汚れが取れやすいので活用されています。

CDやDVDなどのプレイヤーのクリーナーとしても利用されます。

また、コンタクトレンズの洗浄液にも、IPAが含まれるものもあります。

 

●自動車用品

自動車の燃料タンクの水抜き剤として利用されています。

燃料タンクに入った水は油の燃料と混ざらず残ってしまうため、燃料タンクの素材によっては錆の原因になることがあります。

水抜き剤(IPA)を使うことで燃料と水が混ざり、燃料として水も一緒に消費されるようになります。

合わせて読みたい!… 相溶性と非相溶性

 

 

またIPAは自動車のガラスの撥水剤にも使われているケースがあります。

撥水剤に含まれる樹脂分を溶かしこむためにIPAが使われるのです。

IPAは樹脂を溶かしこむ上、ガラスに塗った際に乾きやすく、施工性が良いといった効果があります。

 

 

●工業用のIPA

一般用に使われるIPAもありますが、多くは工業用の洗浄剤や希釈剤として使われます。

具体的には指紋やほこりをふき取ったり、フラックスを洗い流す洗浄剤として、

塗料やインクの原料や、それを薄める希釈材として活躍します。

 

 

IPAが使われるわけ

同じアルコール類であるのにもかかわらず、何故IPAが使われるのでしょうか。

 

「エタノールなら飲用にも使われているし、安全じゃないか!」

と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

 

実はそこには、エタノールが「お酒として飲めてしまう」ことが大きく関係しています。

お酒には「酒税」がかかっています。エタノールだとその酒税がかかってきてしまい、コストが上がってしまうのです。

その点IPAだとその税金がかからない為、安価に手に入れることができます。

 

他にもアルコール類はありますが、エタノールとIPAは薬剤としての性能差があまり大きくないというのも、IPAが使われる大きなポイントなのです。

 

 

IPAの基本情報・SDSはこちら!

 

 

シェアしていただけるとうれしいです

この記事へのコメント

  • トモヒロ より:

    IPAアルコールの代用としてエタノールを使用しても大丈夫でしょうか?

    • sankyo管理者 より:

      >>トモヒロ様

      ご質問誠にありがとうございました。
      恐れ入りますが、何に使用するかによって大丈夫か否かが変わってきてしまいます。
      宜しければ、状況を教えていただけないでしょうか。
      お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

  • ハヤト より:

    IPAを樹脂の洗浄に使用しています。廃液の処理はどうしたら良いでしょうか。
    また、廃液を再利用するための精製の方法等ありますか。

    • sankyo管理者 より:

      >>ハヤト様

      コメントでのお問い合わせ、誠にありがとうございます。
      廃液は、業務内で使用されたものは、特別管理産業廃棄物の引火性廃油として廃棄ください。
      個人的にご使用なさったものでございましたら、お手数ではございますが、お住まいの地域の自治体にお問い合わせくださいませ。

      再利用についてですが、
      IPAは蒸留再生という方法で再利用することができます。

      よろしくお願い致します。

  • えな より:

    こんにちは。質問お願いします。
    単純に飲まなければ普通のアルコールと一緒と言う事ですよね?私はネイルで使いたいのですが…最後のネイルの拭き取りの際…アルコール度数が高ければ高いほどツヤが出るので今までアルコールでは90パーセントとかを使用してましたが、この場合どこを見て判断したらよろしいですか?

    • sankyo管理者 より:

      >>えな様

      ご質問、ありがとうございます。
      「IPA」として一般工業向けに販売されているものは全てIPA純度99.9%以上のものでございます。
      念のため、純度を確認する際は、メーカーから出されている「規格表」をご覧になるとよいと思います。

      しかし、ネイルに関して、今まで90%前後のものを使用なさっているとすると、
      純度の高いIPAではてネイルを侵しすぎてしまう可能性が0ではございません。
      ご注意いただけますよう、よろしくお願い致します。

  • おさる より:

    こんにちは。質問があります。
    IPAを薬局で購入したものです。
    長年しまい込んでいたランドセルにカビが発生し、エタノールを買いに行ったのですが、取り扱いがなく、代わりにIPA91%を買いました。
    霧吹きの容器も買いましたが、HDPEと素材表記してあり、IPAで溶けてしまう容器なのかわかりません。HDPEの容器に、IPAと水道水を混ぜて使うにあたり安全にできるでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • sankyo管理者 より:

      >>おさる様

      おはようございます。
      この度は弊社サイトにコメントをくださりありがとうございました。

      HDPEとは、「高密度ポリエチレン」のことでございます。
      IPAはこの、高密度ポリエチレンを侵してしまうことはありませんので
      お使いいただけます。

      • おさる より:

        返信ありがとうございます。
        もう一つ質問よろしいてしょうか?

        水道水で薄めてカビ退治するにあたり、IPAと水の比はいくつ:いくつが良いのでしょうか?原液91%のまま吹きかけたら強すぎますか?
        よろしくお願いします。

        • sankyo管理者 より:

          >>おさる様

          ランドセルでの実験を弊社で行ったことがございませんで、
          そちらの判断が出来かねます。
          目立たないところで一度テストされることをお薦め致します。
          ご期待に副えず申し訳ありません。
          何卒宜しくお願い致します。

  • ワン より:

    IPAの保管容器についての質問です。インターネットの検索などでIPAの保管容器としてPETボトルは変質されるなどの理由のため不適切との情報が多々あります。実のところその情報が実験などで得た知見であれば信用出来るのですが。。。改めてお尋ねしますがPETの容器はIPAの保管に適するのでしょうか。もしPETを構成している成分分子または他の物質に変わったものがIPAに溶出した場合その純度に問題が生じると思っています。ご回答宜しくお願いいたします。

    • sankyo管理者 より:

      >>ワン様

      コメントありがとうございました。
      IPAの保管容器としてPETが変質するとありますが
      こちら、変質は致しません。
      ただ、「危険物の規制に関する規則」の別表第3の2に従い樹脂容器での保管は10L以下にしてください。
      宜しくお願い致します。

  • せいや より:

    キセル(喫煙用具)の洗浄用としてIPAを使おうと思っているのですが、問題になりそうな点はありますでしょうか?毒性があるとはいえ、手術用具の洗浄にも使われていると聞きましたが、経口目的の器具に使えるのか質問した次第です。
    使用想定は以下の通りです。
    1.綿棒にしみこませての内部洗浄
    2.脱脂綿にしみこませての外部洗浄
    3.キセル内に流し込んでの内部洗浄
    キセルの素材は金属であり、木材竹材などの浸透性はないです。
    洗浄後は十分に乾燥させてから使います。使用目安量はイソプロパノールとして50%程度に希釈し、最大10mlです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • sankyo管理者 より:

      >>せいや様

      コメントありがとうございました。
      IPAにつきましては、乾燥すればその成分はなくなりますので
      使用するのは問題ないでしょう。
      またご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

  • ぴよ より:

    こんばんは
    はじめまして。
    教えて頂きたくコメントしました。

    自動車工場で働いていて、IPAを汚れ拭き用に使っています。

    知識がないため普通にアルコールだし大丈夫と思って素手でバンバン使ってますが調べてみたら毒性が高い有機溶剤とあり、めちゃくちゃ焦ってます( ̄▽ ̄;)

    大丈夫でしょうか?
    お返事お待ちしてます。。(*・ω・)*_ _)ペコリ

    • sankyo管理者 より:

      >>ぴよ様

      コメントありがとうございます。
      IPAを使う際は必ず手袋を使ってください。
      素手で扱うと手の油を落としすぎてしまい手荒れの原因などにもなります。
      また何かご不明点などございましたら、お気軽にお申し付けください

  • Post_002 より:

    眼鏡クリーナにもIPAが含まれています・・とのこと。確かに手持ちのクリーナーにも含まれてます。
    ただ、ネットで検索していると「IPAは微量だがケトンに変わる。ケトンはプラスチックを溶かす」という話が散見されます。
    現実問題として眼鏡クリーナーのメーカがIPAを使っているのですが、そのケトン関連の心配はないのでしょうか?

    • sankyo管理者 より:

      >>Post_002様

      コメントありがとうございました。

      IPAは微量だがケトンに変わる件について、
      弊社でも大量のIPAを扱っていますが、そのような知見はありません。
      IPAを酸化させてアセトン(ケトン類)を生成する方法はあり、
      空気中の酸素で微量のアセトンが生成する可能性はありますが、プラスチックを溶かすほどの量にはならないと考えられます。

      他、ケトン関連の懸念につきましては、
      ケトンが大量に発生していれば問題となりますが、発生量が著しく少ないと考えられるため、眼鏡の素材への影響はないと考えられます。
      IPAという薬品自体も、有機溶剤中毒予防規則という法規に該当している溶剤のため、エタノールと比べると同じアルコール類でも毒性が高いので、取り扱いにはご注意ください。

      またご不明点などございましたらお気軽にお申し付けください。
      今後ともよろしくお願い致します。

  • TOSHI より:

    IPAを樹脂の洗浄用として200mlほどの容量で販売する場合、アルコール販売事業者としての申請は必要でしょうか?
    ぼかしてありますが、洗浄する樹脂は特定の種類のもので用途はそれ以外を想定していません。販売先は一般個人が多いと思います。今は個人ですが必要があれば法人化も検討しようかと思っています。

    • sankyo管理者 より:

      >>TOSHI様

      コメントありがとうございました。
      アルコール販売事業者の許可は、エタノールに対しての許可となります。
      IPAにつきましてはそのような免許制度はありませんので販売が可能です。
      ただ、保管する際の量については消防法の規定がありますのでご注意くださいませ。
      また何かご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • EXCEL より:

    油の汚れ落としでシンナーを使っていますが、匂いの問題で代替品を探しています。
    IPAもシンナーと同じ有機溶剤ですが匂いはどうでしょうか?
    常時作業するときは換気や防毒マスクなどは必要でしょうか??

    • sankyo管理者 より:

      >>EXCEL様

      コメントありがとうございました。
      IPAはにおいはきついアルコールの臭いをイメージしてください。
      また、IPAは有機溶剤中毒予防規則に該当している物質ですので、作業時には局所排気か防毒マスクが必要となります。
      ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

      販促になってしまい恐縮ですが、弊社三協化学では有機則非該当のシンナー代替も取り扱っておりますので
      もしご興味がございますれば、ご連絡賜れましたら幸いです。
      宜しくお願い致します。

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ