アセトンについて

ネイル

アセトンとは

アセトンとは、ケトンの分類の中でも1番単純な構造を持っています。
分子が小さいので溶けやすく、水にも、ほとんどの油脂にも溶けるので、様々な用途に有機溶媒として用いられている物質です。

別名、ジメチルケトンや、2-プロパノンとも呼ばれます。

 

アセトンの用途

親水性と親油性どちらも兼ね揃えている為、その用途は多岐にわたります。

たとえば、女性にはなじみの深い、マニキュアを落とすための除光液があります。マニキュア=塗料を落とすのに最適なのです。
ただ、手の油も一緒に溶かして落としてしまうので、乾燥しやすいという声が聞かれます。
また、車やバイクのメンテナンスにもアセトンは使われることがあります。オイル汚れなどを落とす役割を果たすのです。
他にも、生き物を脱脂(油を落とすこと)して標本をつくるのに使われたり、実験器具などの洗浄に使われたり、水と混ざらない溶剤を混ぜる際に使われたりもします。

 

アセトンの危険性

火気厳禁(消防法:危険物第四類第一石油類水溶性)

アセトンの引火点は-20℃と、常温でも引火します。更に揮発性も高いので、使用時は必ず換気をして、火気がないことを確認してから使いましょう。

また、消防法でも指定されており、決められた量以上の貯蔵は消防署への届け出が必要な上、

危険物取扱者乙四類か、甲種の免許を持っている人がいないといけないので注意が必要です。

 

有害性について

アセトンは有機溶剤中毒予防規則の第二種有機溶剤に指定されており、毒性が高いとされています。
そのため一定濃度以上のアセトンを扱う際は、法律上様々な措置をとる必要があります。
たとえば、専用の保護具をつけたり、換気設備を整える、作業場のアセトン濃度を定期的に計測したり、作業者に特殊健康診断を受けさせなければならないのです。

 

アセトンの基本情報・SDSはこちら!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事へのコメント

  • ちょっと困ってるんです より:

    住宅施工業者が、改修工事後に養生テープを剥がしたら、床のワックスの一部が一緒に剥がれて‟部分剥離”してしまい、ダメージ部分と非ダメージ部分との間に‟色具合の差”や‟僅かな段差”などの不具合が生じてしまいました。業者は「アセトン洗浄して床面全体をきれいにした後で、水性ワックスを塗って原状回復したい」と言っていますが、この方法は有効でしょうか?(業者は一応、部分的なパッチテストみたいなことをして「結果は良好だった」と言っています)。引火性や有毒性も高いようなので、ちょっと心配しています。一般住宅の床面全面をアセトン洗浄するときの‟注意事項”などがありましたら、ご教示ください。(作業中の注意もさることながら、将来の‟ワックス塗り直しメンテ”時の注意事項にも興味を持っています。)よろしくお願いいたします。

    • sankyo管理者 より:

      >>ちょっと困ってるんです様

      ご相談くださり、ありがとうございます。

      ワックスの種類がわからないので、テスト結果から見て判断せざるをえない状況です。パッチテストで良好だったのであれば有効ではあると思います。
      ただ、仰る通りアセトンは引火性や毒性が好ましくありません。アセトンはシックハウス症候群の原因物質の一つなので、ワックス塗り直しメンテナンスの後の物件で症状が現れるケースも起こりえます。
      ですのでアセトン以外のものでも出来ないか試されることをお薦めさせていただきたく思います。

      一般的にワックスは炭化水素ですので、揮発の遅い炭化水素類で試されるのが良いでしょう。
      販促のようになってしまい恐縮でございますが、弊社三協化学の製品でございますれば、メタルクリーナー2000やメタルクリーナー1700で一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

      またご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • ちょっと困ってるんです より:

    早速のご教示、誠にありがとうございました。

    アセトンはシックハウス症候群の原因物質の一つだったのですか・・・
    ・・・ちょっとショックな事実でした。

    ご相談申し上げた物件は‟賃貸用物件”で、
    現在は新規入居者募集に向けて原状回復メンテ中なのですが、
    問題の‟原因物質”は「かなり長期にわたって室内に残留する」と考えてよろしいでしょうか?
    (有害物質が室内から消散するのに、大体どのくらいの時間がかかるものでしょうか?)

    重ねての質問で恐縮ですが、ご教示のほど宜しくお願い致します。m(_ _)m

    • sankyo管理者 より:

      >>ちょっと困ってるんです様

      重ねてお返事ありがとうございます。

      書き方が悪く申し訳ありませんでした。
      アセトンがシックハウス症候群で長期的に残留する場合は、
      壁紙などの接着剤として使用された場合でした。

      液体のまま使用した場合、長期にわたって残留せず、凡そ1日程度しっかり換気すれば残留物はほとんどなくなります。
      但し毒性自体は液体として使用しても接着剤として使用しても同じですので、
      今後は見直しを検討してみるのも良いかと思います。

      • ちょっと困ってるんです より:

        年末のお忙しい中、迅速にご回答くださり、ありがとうございます。

        「およそ1日程度のしっかり換気」、承知いたしました。

        専門知識豊富な三協化学さんにご相談申し上げて、
        やっと正解にめぐり会えた気持ちです。
        メタルクリーナーの試用についても、業者に相談してみたいと思います。

        数々の有益なアドバイスを頂戴し、本当に本当にありがとうございました。
        謹んで厚く厚く御礼を申し上げます。 m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ