ネイルについて

ネイル

这个栏目将会向大家介绍有关指甲彩绘的知识。

最近有男士也开始涂指甲油(多是透明的),而女士的指甲彩绘更是发展迅速。

 

指甲彩绘的历史

指甲彩绘可以说是从给指甲涂色的行为发展起来的。

 

指甲彩绘可以追溯到公元前3000年的古埃及时代。当时的人用一种叫“指甲花”的植物来把指甲染红。

世称“埃及艳后”的克利奥帕特拉七世也是用指甲花来给指甲染色的,在那个时代,不仅女性,男性也会给指甲染色。

 

让人意外的是,这种“指甲花”,现在依然被用作染发剂等的成分。

 

后来,给指甲染色的文化从埃及传到了西方。

在古希腊罗马时代,

 

爪を染める文化はエジプトから、やがて西洋に伝わります。

これがローマ・ギリシア時代のお話です。

统治者阶层中流行起了给指甲染色,也正是在这个时候,拉丁语的manus(意为手)和cure(意为护理)两词组合,产生了manus cure(手的护理)一词,据说这成为了今天manicure(美甲)一词的语源。

在亚洲,与上述的埃及艳后并称世界三大美女的杨贵妃,在唐代时也有用指甲花来给指甲上色。

 

而日本的染甲文化则是从飞鸟奈良时代开始普及的。当时的上流女性化妆时会使用铁红来把额头或嘴唇涂红,此外还会把指甲也涂上颜色。

到了平安时代,化妆已经普及到了底层人民。当时,人们使用凤仙花或者酸浆果制成染料涂在指甲上,这种染料被称为“爪红”。也是因此,凤仙花在日本有了“爪红”的别名。

江户时代,使用红花制成的染料从唐朝传入并普及到了化妆当中。正是从这时起,用于染指甲的染料被称为“爪红”,用于染嘴唇的则被称为“口红”。

 

现代的指甲彩绘

我们现今广泛使用的指甲油,最早出现于1932年。

当时一种原本用于汽车涂装的速干油漆

被转用到了美容行业,以“指甲漆”的名称在市场上发售。

20世纪70年代,使用“指甲漆”的美甲文化布及全球,同时传入了日本。

 

 

指甲涂料的种类

在日本,常用的指甲用涂料一般分为以下三个大类
ネイル

●指甲油

●凝胶甲

●水晶甲

 

 

其中指甲油,指的就是我们平时常说的指甲油。

指甲油的英语是Nail Polish,Polish有“打磨出光泽”之意,这里用以泛指一切用于指甲的涂料。指甲油在百元店里就可以买到,且用卸甲水就可以轻松洗掉,是简单易用的美甲涂料。凝胶甲是涂上指甲后经光线照射后凝固的美甲涂料。根据涂料成分不同,可分成硬胶和软胶两种。其中硬胶的出现较早。

硬胶本来是牙齿用的填充物。如果有过补牙的经验的话,应该会有被蓝光照射过的印象,那实际上就是在让牙齿里的填充物凝固。这种用光线照射使树脂凝固的技术被应用到美甲涂料上,发展成了今天的凝胶甲(也称光疗甲)。

硬胶顾名思义,硬度较高,较结实。因此,硬胶可以用于延长指甲,并且可以在上面镶钻。

而较迟出现软胶则反超硬胶,目前已流行全球,成为了美甲的主流涂料。
软胶据称源自南非,后来经由英国在欧洲普及,并于2002年左右登陆日本。
软胶的一大特征的是可用专用的卸甲液洗掉。另外由于和硬胶不同,具有柔韧性,较易贴合指甲,因此较受欢迎。

 

 

 

ネイルチップ

水晶甲和前面两种美甲涂料不同,是一种人工指甲。但也并不是指贴在指甲上的贴纸式美甲,而是指根据自己指甲的形状,用丙烯酸树脂延长指甲长度的技术。也就是说为自己的指甲定做假甲。这本来是医疗上为了保护脆弱的指甲而使用的一项技术,现在被扩展应用到美甲行业。

 

 

指甲油和凝胶甲的区别

成分

指甲油主要由下列成分构成

树脂

树脂是指甲油的最主要成分。硝化棉、丙烯酸树脂、

 

颜料

用于上色

 

有机溶剂

用于溶解树脂,溶剂挥发后树脂就会凝固。

 

可塑剂

保持容易涂抹的柔软度。

 

 

 

凝胶甲的成分则是受光线照射而发生化学反应凝固。

凝胶甲的成分如下。

树脂

曝光凝固的树脂。软胶用的是在粘合剂和汽车涂料中也有使用的聚氨酯树脂。硬胶用的是则是丙烯酸树脂,或者塑料。

 

颜料

用于上色

 

可塑剂

保持容易涂抹的柔软度。

 

其它

含有吸收光线发生化学反应的物质。

 

一般凝胶甲不含有有机溶剂,但部分为了稀释凝胶或者缩短凝胶凝固时间,也会加入有机溶剂。

 

 

 

 

持续时间

指甲油涂抹后2-3天就会失去光泽。1周过后,指甲油就会脱落,会变回原本的指甲或留下斑点。

而凝胶甲涂上后则可以保持3-4周,这也是凝胶甲备受欢迎的原因之一。

(如果指甲不长长的话或许可以保持更长时间。)

 

设计性

由于指甲油接触到空气容易干燥,因此不适合需要花时间的复杂设计。另外也不可以把不同颜色的指甲油混合调色。

凝胶甲在接触到光线之前都不会凝固,因此有充分时间描画设计,或者镶钻。另外还可以混合不同颜色调出自己想要的颜色。

 

 

洗净方式

要洗掉指甲油,只要用化妆棉沾上以丙酮为主要成分的卸甲液抹掉即可。

然而凝胶甲没法用一般的卸甲液卸掉。硬胶需要用物理方法卸除。软胶则需要用锉刀削掉表面,再用浸有丙酮的化妆棉敷在指甲上让凝胶脱落。

削掉凝胶的时候,要注意不要削到指甲。

 

 

注意

指甲是表皮角质化的产物。

尽管指甲彩绘很受欢迎,但不加留意的话很容易会引发问题。

部分美甲用的涂料以及卸甲液,会含有不利于健康的成分。(同时也有因此引发过敏的情况)

除了需要保持清洁,不被细菌感染,还需要尽量减轻对指甲产生的负担。

卸除凝胶的卸甲液以及锉刀都会给指甲造成损害。卸除凝胶甲时不要强行撕除凝胶,用锉刀时注意不要削太深。

 

但是不管怎么小心操作,都不能做到零损伤。

因此,一种不使用有机溶剂的水性指甲油便应运而生。

最近,欧美市场上出现了以蔬果的提取物制成的指甲油。这类指甲油能够用酒精等溶剂轻松卸除,与传统产品相比,大大减轻了对指甲和皮肤产生的负担。

在追求时尚的同时又能保持健康的指甲,实在是一举两得呢。

本文章的评论

  • 田原 より:

    素朴な疑問なんですが、100均で売っているようなマニキュアと化粧品で売られているマニキュアでは、何が違ってあんなに値段差があるのでしょうか?
    原料?ブランド料?でしょうか?

    除光液やリムーバーでも値段がピンキリで正直何がどういいのか素人では分かりません。

    • sankyo管理者 より:

      >>田原様

      コメントありがとうございます。
      まずジェルネイルと通常のマニキュアとで原料が異なります。
      そのうえで、同じマニキュアと言えど、ラッカー塗料やアクリル塗料などベースの樹脂によってかかる原料費が異なります。(ラッカー塗料のほうが比較的安価)
      勿論、製造上かかる人件費や開発費、広告料やブランド料なども商品には含まれてきますので、その差額も大きいかと思います。

      ご自身に合うネイルをお探しになる際、
      例えば同じシャンプーでもAさんはお肌に合わないけれどBさんはお肌に合う、というケースがあるように
      ノンアセトンで人気なアルコール系の除光液でも、アルコールでかぶれてしまう方もいらっしゃるので一概には申し上げられないのが現状です。

  • ひぴ より:

    こんにちは、
    質問ですが、ジェルネイルの成分は爪に張り付いてる間に爪を通して爪のピンクの部分に浸透していくのでしょうか?
    わたしの自爪はかなり薄いのですが、今行っているネイル屋さんで、特別なジェルを使っていてそのジェルは成分が爪を通して浸透していき爪を活性化して自爪が厚くなると説明を受けています。そういう効果があるものなのでしょうか。

    • sankyo管理者 より:

      >>ひぴ様

      コメントありがとうございます。
      仰る樹脂がどのような成分で構成されているものなのか分からないため、こちらでもわかり兼ねる案件です。
      不確かな情報はお流しできないため、申し訳ありません。
      ジェルのメーカー様にお問い合わせなさるのがよろしいかと思います。

  • ココたんライたん より:

    こんにちは。質問ですが…

    手持ちのジェルをエアブラシで使用する際に溶剤として使用するケトンはアセトンだと思うのですが…
    その他にエステルと表記があります。
    (某メーカーの薄め液の成分です)
    このエステル系溶剤は何を指しているのかググっても全く分からず…。
    エステル系溶剤だと市販されているものは何かありますでしょうか?

    当方、美容師兼ネイリストです。

    • sankyo管理者 より:

      >>ココたんライたん様

      コメントありがとうございます。
      おそらく酢酸エチルではないかと思いますが、
      弊社では製造しておりませんので確約は出来かねます。
      メーカー様へご確認いただくのがよろしいかと思います。

  • ダー子 より:

    こんにちは
    私は高校の研究で特有の匂いがしないマニキュアを作ろうとしています。そこで質問なのですが原料の中に資格が必要な物質や手に入れる事が難しい物質はありますか?

    • sankyo管理者 より:

      >>ダー子様

      コメントありがとうございます。
      通常のマニキュアに使われることのある物質の中で、入手が難しいものですと酢酸エチルやMEKがあげられます。
      これらの物質は毒物劇物取締法に該当しますので、18歳未満の方には販売できない決まりになっています。

  • きららさん より:

    マニキュアのアルコール度数はわかりますか?ペンタッチ式のマニキュアを送りたいのでひっかかりました。度数で送れるか決まります。

    • sankyo管理者 より:

      >>きららさん様

      コメントありがとうございます。
      マニキュアによってアルコール度数(はたまた含まれないものもございます)が異なりますので
      弊社ではわかりかねます。申し訳ありません。
      メーカー様へお問い合わせください。

欢迎评论

邮箱地址

相关文章

回到页面顶部