ベンジルアルコールフリー 水系塗膜剥離剤 リペアソルブS-2

Sorry, this entry is only available in 日本語.

鋼構造物用水系塗膜剥離剤 リペアソルブS 水系塗膜剥離剤

リペアソルブS-2はベンジルアルコール非含有(ベンジルアルコールフリー)の環境対応型水系塗膜剥離剤です。

従来の水系塗膜剥離剤にはベンジルアルコールが含まれていることが多く、近年はベンジルアルコールが原因と疑われる労働災害が頻発しておりました。

弊社ではこの問題を解決すべく、従来の環境対応型塗膜剥離剤の剥離性能を損なわず、ベンジルアルコールフリーの剥離剤を開発しました。

※以下、「ベンジルアルコール非含有」、「ベンジルアルコールフリー」をBAF(Benzyl Alcohol Free)と表現することがあります。

水系塗膜剥離剤 リペアソルブS工法 NETIS登録 CB-170013-VE

 

【参考】リペアソルブS 施工動画
リペアソルブSを使用した実際の橋梁剥離現場の様子です。
実施工の様子がわかります。

 

リペアソルブS-2の特長

リペアソルブS-2 特長 強力な剥離力 極めて低臭

リペアソルブS-2 特長 非危険物 吹付け可能な高粘度タイプ

リペアソルブS-2は、ベンジルアルコール由来の毒性を含みません

特にベンジルアルコールによる「中枢神経系」への影響懸念が緩和され、作業者への負担が大幅に軽減されます。

リペアソルブS-2はベンジルアルコールを含まない

「ベンジルアルコール」に関する通達・政令の改正

橋梁などの鋼構造物の塗膜剥離において、ベンジルアルコールを含有する水系塗膜剥離剤が原因と疑われる労働災害が頻発していることから、厚生労働省は令和2年10月19日に基安化発1019第1号通達「剥離剤を使用した剥離作業における労働災害防止について」を発出し、剥離作業への注意喚起がなされました。また、「労働安全衛生法施行令」の改正(令和3年1月1日施行)によりベンジルアルコールのラベルの表示・SDS交付・リスクアセスメントが義務化されました。

 

リペアソルブS-2の標準施行条件

リペアソルブS-2 鉛・PCB含有塗膜 湿式剥離工法

リペアソルブS-2を使用すると左の画像のように鋼構造物の塗膜が湿潤化し、スクレーパー等でシート状に剥離することができます。
剥離剤と塗膜の相性があるため、軟化しやすい塗膜、軟化しにくい塗膜、軟化しない塗膜に分けられます。

 

〇軟化しやすい塗膜

鉛系錆止め塗料
フェノール樹脂MIO塗料
エポキシ樹脂MIO塗料
長油性フタル酸樹脂塗料
塩化ゴム系塗料

タールエポキシ樹脂塗料
エポキシ樹脂塗料
変性エポキシ樹脂塗料
長ばく型エッチングプライマー
有機ジンクリッチペイント

△軟化しにくい塗膜

鉛丹錆止め塗料
厚膜型エポキシ樹脂塗料

ポリウレタン樹脂塗料
フッ素樹脂塗料

×軟化しない塗膜

ガラスフレーク入り塗料
無溶剤型塗料

無機ジンクリッチペイント
無機ジンクリッチプライマー

その他 錆・黒皮(ミルスケール)は除去できません

 

塗装系 気温・湿度 標準塗布量 剥離可能塗膜厚 膨潤・軟化時間(20℃)
A塗装系 フタル酸樹脂塗料

気温5℃以上

(推奨は10℃以上)

湿度85%以下

(結露時は施工不可)

1回の塗布につき

0.5~1.0kg/㎡

500㎛/回 18時間以上
B塗装系 塩化ゴム系塗料
C塗装系 ポリウレタン樹脂塗料

フッ素樹脂塗料

24時間以上
D塗装系 タールエポキシ樹脂塗料

 

リペアソルブS-2の使用方法

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順1

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順2

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順3

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順4

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順5

鉛PCB剥離剤リペアソルブS手順6

 

リペアソルブS-2 カタログダウンロード

リペアソルブS-2 カタログ

 

تماس با ما