关于油漆(1)

ペンキ

建筑涂料的种类

根据不同的用途,涂料也有不同的种类。

在选择涂料时,应该综合考虑使用的场合、预算和其安全性,选择与这些因素最为匹配的种类。

丙烯酸涂料

价格相对低廉,曾是万用涂料。目前,由于其他高端涂料的价格已有所下降,丙烯酸涂料已较少用作建筑涂料。

涂层寿命:5-8年

 

聚氨酯涂料

聚氨酯涂料柔软,用作建筑材料不容易开裂,用法简单,被广泛使用。与硅胶涂料相比,较易变色。

涂层寿命:7-10年

 

硅胶涂料

使用寿命较长,成本与聚氨酯涂料相近,是目前市场上最常见的涂料。特点是不易沾上污垢,频繁用于普通建筑以及独栋住宅的翻新。

涂层寿命:10-15年

 

环氧涂料

在附着力和耐化学性上表现优秀的涂料。涂膜非常坚硬,常用作底涂处理剂,以提高底材和涂料之间附着力。但是,环氧涂料对紫外线不稳定,容易黄变,因此并不适用于墙壁等常受光线照射的地方。

 

氟碳涂料

耐用性优秀,且功能性强的涂料。其价格高昂,一般不被用于普通建筑,而被用于东京门户大桥、天空树等高层建筑。

涂层寿命:15-20年

 

水性涂料

指可以不用稀释剂,用水即可稀释的涂料。由于不使用稀释剂,减少了VOC(*1)的使用,有利于环保。由于涂料的稀释用水即可,在环保和成本两方面均要优于溶剂,目前普通建筑的外墙和内部装修越来越多地选用水性溶剂。涂层寿命要逊于溶剂型涂料。

 

弱溶剂涂料

指可用稀料稀释的涂料。油漆稀释剂和环氧稀释剂等被成为“强溶剂”,改用成成分与灯油类似的弱溶剂涂料,对环境更加友好。需要注意的是,若在弱溶剂涂料上继续涂抹强溶剂涂料,强溶剂涂料有可能会溶解弱溶剂涂料。而涂抹弱溶剂涂料时,不会轻易溶解掉前面涂好的涂层,在使用上更为方便。一般常用于普通建筑的金属部分。

 

*1・・・指挥发性有机物

 

本文章的类别

本文章的评论

  • べべ より:

    弱溶剤とか強溶剤の「弱」とか「強」って何を意味しているんですか?
    溶剤の強さだとしたら、弱い溶剤の存在意義がわかりません。

    • sankyo管理者 より:

      >>べべ様

      コメントありがとうございます。
      仰る通り、溶剤の溶解力の強さを言っています。
      弱溶剤の代表的な溶剤は「塗料用シンナー」と呼ばれるペンキによく使われるもので、
      強溶剤の代表的な溶剤は「ラッカーシンナー」と呼ばれるラッカー塗料によく使われるものがあります。
      何故強弱共に存在しているかというと、もしべべ様が女性の方なら経験がおありになるかもしれませんが、
      マニキュアを塗る際、ベースコートを塗って、色のついたマニキュアを塗り、そのあとトップコートを塗ります。
      しっかりマニキュアが乾いていても、トップコートが強いと、乾いたマニキュアを溶かして色落ち、色ムラの原因となってしまいます。
      下に塗った塗料の層を乱さずに、上に塗料を載せたり、
      あるいは下の層を侵さずに上の層だけ塗料を落としたいとき、弱溶剤は活躍します。

欢迎评论

邮箱地址

相关文章

回到页面顶部