剥離について②

剥離剤とは

剥離について①」を読んでいただいてもわかる通り、化学的剥離方法で使う剥離剤には最低でも「溶剤系」と「水溶液系」の2タイプがあります。剥離剤には様々な種類があって、それぞれ性能も異なってくるので、素地、塗膜の種類、対象物の大きさ、作業環境や設備の違いによって使い分ける必要があるのです。

 

剥離剤の分類

使用方法別タイプ分類

  • 浸漬タイプ   ・・・対象物を剥離剤に浸け込み、剥離させるタイプ
  • ハケ塗りタイプ ・・・ハケを使用し、対象物に塗って使用するタイプ(剥離剤が高粘度)
  • スプレータイプ ・・・対象物へ吹き付けるタイプ

成分別タイプ分類

【一般的】

  • 塩素系  ・・・ジクロロメタン(=塩化メチレン)を主成分とした剥離剤
  • アルカリ系・・・NaOH等、強アルカリを含む水溶液タイプの剥離剤(pH12~14)
  • 酸系   ・・・無機酸、有機酸配合の水溶液タイプの剥離剤(pH0~3)

【新型】

  • 環境対応型・・・ジクロロメタン(=塩化メチレン)非含有タイプの剥離剤

 

 

剥離剤はどんなところで使われている?

メンテナンス・修理の現場で

製造工程での冶具・工具の洗浄、オーバーホール時の洗浄、自動車補修塗装・カーボン除去、鉄道車両・航空機塗り替え、FRP船体塗り替えなど・・・

 

リフォームの現場で

建築塗装の塗り替え、水回りや床などのリフォーム、各種タンク塗り替え、塀の落書き消しなど・・・

製造現場で

塗装不良品の塗り替え、部品の洗浄、オフセット版面の洗浄など

対象物

塗膜、樹脂、接着剤、インク、レジスト、カーボン、FRP、めっき など・・・

 

シェアしていただけるとうれしいです

この記事へのコメント

  • さいとぅ より:

    剥離剤の選び方ってありませんか?
    ホームセンターで見たり、色々調べるんですが、ありすぎて選び方が良くわかりません。

    • sankyo管理者 より:

      >>さいとぅ様

      コメントありがとうございます。
      使用用途や、何を剥離するかによって絞り込むことができます。
      短時間で剥離したい場合は塩素系の剥離剤、
      時間はかかってもにおいが少なくて安全性が比較的高いものをお使いになりたい場合高級アルコール系の剥離剤を選ばれるのが良いかと思います。

コメントお待ちしています

さいとぅ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ