HappyBirthday!! メンデレーエフ!!

2月8日はメンデレーエフの誕生日

1834年2月8日、メンデレーエフは西シベリアのトボリスクで生まれました。

メンデレーエフは、周期律を発見した人物です。化学の世界には欠かせない、偉人です。

 

 

メンデレーエフ周期律発見150周年

「水兵リーベ僕の船…」で有名な周期律をメンデレーエフが発見したのが、1869年。

今年(2019年)で150周年になります。

そのため、UNESCOによって、国際周期表年 (International Year of the Periodic Table of Chemical Elements: IYPT)と宣言されています。

 

周期表とは

文部科学省が作った周期表は下記です。

(厚生労働省が毎年作成しているものです。お手洗いの壁などに貼っておくと、小さな子供は目に入るものをぐんぐん覚えるため、将来に役立つかもしれません。)

 元素周期表DLはこちら

学生時代、化学の授業でこれを覚えた方も多いでしょうが、周期表(「周期律表」や「元素周期表」とも呼ばれる)は、物質を構成する基本単位となる「元素」を、性質ごとに並ぶよう配列された表のことです。

 

周期表の何がすごいかというと、この世を構成する元素の性質が一目でわかることです。また、この表から、どんな元素なのか予想が可能であることもすごいのです。

縦の列は同族で、化学的性質が似ているものが並んでいる、というのは有名な話だと思いますが、

例えば18族の希ガスは反応しにくかったり、1族のリチウム(Li)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)の単体は水と激しく反応したり、共通点があるため、何か一つの特徴を押さえておけば、他の物質を頼りに、それがどのような元素かイメージすることができるのです。

 

こういった特性から、周期表は新元素の予測や超電導体の開発など、様々な研究に活用されてきた実績があります。

 

またメンデレーエフについては記事を上げていきますので、乞うご期待です。

シェアしていただけるとうれしいです

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ