安全データシート(SDS)について

安全データシートとは

労働安全衛生法では、化学物質を安全に取り扱って、災害を未然に防止するために、化学物質を譲渡したり提供したりする場合は、その化学物質の情報提供が義務付けられています。

その情報(危険性、有害性等)を記載した文書を、安全データシートといい、他にもその化学物質の性状や、取り扱いに関する情報も記載されています。

化学物質を使う際は、この安全データシートをしっかり読み、組成・成分、危険有害性、適用法令などをしっかり確認してください。

 

 

どこで入手できるの?

安全データシートが付いていない場合、供給元に提供を求めれば手に入れることができます。また、第一種、第二種有機溶剤などに該当する成分が一定以上含まれている製品の場合は、容器や包装上のラベルからも、危険有害性情報、安全対策、緊急措置などを確認することができます。

 

 

実際にみてみよう

 

作成日

最新版を手元に置くように必ず心がけてください。

 

 

 

 

 

 

 

GHS分類区分

GHDにある分類区分の見方は下記になります。

区分数値が小さくなるほど危険性が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンボル

危険有害性を表す絵表示には様々な種類があります。

 

 

感嘆符

急性毒性、皮膚刺激性、皮膚感作性、眼刺激性、気道刺激性、麻酔作用

 

 

どくろ

急性毒性

 

 

健康有害性

発癌性、生殖毒性、生殖細胞変異原性、呼吸器感作性、吸引性呼吸器有害性、特定標的臓器毒性(単回ばく露、反復ばく露共に)

 

 

腐食性

金属腐食性物質、皮膚腐食性、眼に対する重篤な損傷性

 

 

環境有害性

水性環境有害性

 

 

引火性ガス/液体、可燃性固体、自己反応性化学品、自然発火性液体/固体、自己発熱性化学品、水反応可燃性化学品、有機過酸化物

 

 

円状の炎

支燃性/酸化性ガス、酸化性液体、酸化性固体

 

 

爆弾の爆発

爆発物、自己反応性化学品、有機過酸化物

 

 

 

 

適用法令

労働安全衛生法

 *有機溶剤中毒予防規則(有機則) ・・・詳しくは別記事で

 *特定化学物質障害予防規則(特化則) ・・・詳しくは別記事で

 

消防法 ・・・詳しくはこちら

PRTR法 ・・・詳しくは別記事で

 

 

 

シェアしていただけるとうれしいです

この記事へのコメント

  • より:

    アセトンの代わりを検討しており、アセトンと代わりになるものでどれだけ毒性が違うか比較したいのですが、どのように比較したらいいでしょうか?

    「健康に対する有害性」に書いてあることはそれぞれで違って、比較しづらいです。
    なるべく安全性の高いものを使用したいと考えています。

    • sankyo管理者 より:

      >>雪様

      コメントありがとうございます。
      SDSにあります、「有害性情報」という項目を参照してください。
      区分外であるか、区分の数字が大きい方が安全性が高いものです。
      経口であったり経皮であったり吸入など、様々な切り口から区分が分けられていますが、
      どの項目を重要視するかを定めたうえで判断されるのが良いかと思います。
      たとえば女性の多い作業場であれば生殖毒性など(※生殖毒性が男性には無関係なわけではありませんが)

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ