油について①

加工油とは

加工油とはその名の通り、基油(鉱物油や合成油)を精製・混合して、添加剤(※1)などを加えることによって用途別に加工された油のことです。切削加工油、プレス加工油、熱処理油、防錆油など、様々な用途に合わせた加工油があります。加工油はそれぞれ、摩擦を防ぎ潤滑性を持たせることができたり、熱を冷ますことができたり、錆を防ぐことができます。

 

※1 添加剤・・・加工油にするための添加剤には次のようなものがあります。

・界面活性剤

・錆止剤

・カップリング剤

・防腐剤

・非鉄金属防食剤

・極圧添加剤

・消泡剤

・キレート剤

・着色剤

・香料

など

 

油性加工油と水溶性加工油

加工油には、油性加工油と水溶性加工油があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

*油性加工油

鉱物油や合成油を混合したり、添加剤を加えたものを「油性加工油」と言います。

<メリット>

・加工による錆が出にくい

・摩擦が少ない為、加工がしやすい   など

<デメリット>

・洗浄に溶剤を使用する為コストがかかる

・発煙、火災の虞がある          など

油性加工油のSP値は7程度の為、洗浄の際は同程度のSP値を持つ炭化水素系洗浄剤が適しています。

 

*水溶性加工油

基油と水を特殊な方法で混ぜ、添加剤を加えたものを「水溶性加工油」と言います。

<メリット>

・水と混合している為燃えない

・加工油の洗浄が水でできる           など

<デメリット>

・水が入っているため乾きが遅い

・金属加工に使用すると錆の原因になりうる  など

 

水溶性加工油の中で代表的なのが「水溶性切削油」です。水溶性切削油には大きく分けて3つのタイプがあります。

・エマルジョン型・・・水に溶けない成分(鉱物油など)と界面活性剤からできていて、水に加えると外観が乳白色化します

・ソリューブル型・・・界面活性剤が主成分で、水に加えると外観が半透明ないし透明になります

・ケミカルソリューション型・・・水に溶ける成分(有機アミンなど)からなり、水に加えると外観が透明になります

 

シェアしていただけるとうれしいです

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ