グライムについて

グライムとは?

グライムというのは、グリコールエーテル類に分類される溶剤の一種です。

グライム類の構造は、ジオール(OHが2つついたもの)にアルキル基がエーテル結合しているのが特徴です。

 

 

アルキル基とは?

アルカン(一般式 CnH2n+2で表される鎖式飽和炭化水素)から「水素(H)」をとったもの

 

エーテル結合とは?

構造式上で -O- (Oは酸素原子)と表される結合の名前

 

 

他の物質と反応しにくく、熱にも強いのが特徴で、安定性があることから、幅広い用途で使用されています。

また、金属イオンやガスにも優れた溶解性をもつので、工業分野でも活躍中です。

(例:

  • ガス吸収剤
  • ポリマーの溶剤
  • 接着剤
  • コーティング剤
  • 医薬用溶剤
  • 反応溶剤
  • 抽出用事亜
  • 有機電解液        など・・・)

 

グライムというと一見聞きなれない物質ですが、グライム類に分類される物質は「~~グライム」と呼ぶだけでなく別名があることが多く、販売する会社によって違う名前で出ていることが一般的なので、事前によく確認しましょう。

CAS№と呼ばれる、世界共通の化学物質識別番号を使って判別すると確実です。(名前が異なっても、化学物質的に同じであれば同じ番号が振られています)

 

 

 

【具体的用途例】

  • オレフィン、ジエン類の重合および共重合用触媒の調整
  • エーテル合成
  • アセレチン化合物の抽出溶媒
  • ガスの吸収溶剤
  • 電解液溶剤
  • 医薬、化粧品、洗浄剤等の溶剤
  • インキ溶剤
  • エマルジョン剤
  • 脂肪酸抽出剤
  • 金属抽出剤
  • インクジェットの溶媒
  • 剥離剤の原料
  • その他各種溶剤

 

 

代表的なグライム

グライム沸点モノグライム(EDM)

別名:エチレングリコールジメチルエーテル、ジメチルセロソルブ、1,2-ジメトキシエタン

消防法:第四類第1石油類水溶性

沸点:85.2℃

 

ジグライム(DEDM)

別名:ジエチレングリコールジメチルエーテル、ジメトキシカルビトール、ビス(2-メトキシエチル)エーテル

消防法:第四類第2石油類水溶性

沸点:162℃

 

エチルジグライム(DEDE)

別名:ジエチレングリコールジエチルエーテル、ジエチルカルビトール、ビス(2-エトキシエチル)エーテル

消防法:第四類第3石油類水溶性

沸点:188℃

 

ブチルジグライム

別名:ジエチレングリコールジブチルエーテル、ビス(2-ブトキシエチル)エーテル、ジブトキシジエチレングレコール、ジブチルカルビトール、5,8,11-トリオキサペンタデカン

消防法:第四類第3石油類水溶性

沸点:256℃

 

メチルエチルジグライム

別名:ジエチレングリコールメチルエチルエーテル、1-エトキシ-2-(2-メトキシエトキシ)エタン

消防法:第四類第2石油類水溶性

沸点:176℃

 

 

シェアしていただけるとうれしいです

コメントお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

関連記事

ページの
先頭へ