ウレタンシンナー

特徴

商品名 特徴

NTXウレタンシンナー

環境対応型・PRTR法対象外商品 ※3タイプ

U-500ウレタンシンナー

木工用。乾燥が早く、溶解力が強い ※3タイプ

U-400ウレタンシンナー

外装用標準品 ※3タイプ

USウレタンシンナー

工業用標準品

UWウレタンシンナー

USの冬型

№8ウレタンシンナー

USより遅乾タイプ

塗料用シンナーA

ターペン可溶用

Uノンブラッシング

カブリ止め剤、遅乾剤

UノンブラッシングPM

Uノンブラッシングより遅乾タイプ

※3タイプ・・・S:夏用 M:春秋用 W:冬用

 

 

 

 

荷姿

石油缶 ドラム コンテナ タンクローリー
16L 200L 1t  

 

 

ウレタン塗料とシンナー

ウレタン塗料には大きく分けて一液型と二液型があります。
共にウレタン樹脂(主剤)とイソシアネート類(硬化剤)が反応して塗膜を形成します。
一液型では主に湿気硬化型、ブロック型、油変性型などがあます。
ニ液型はヒドロキシ成分とイソシアネートを別々の容器に保存しておき、
塗装前に二液を混合させて反応硬化ものがあります。
さらに、最近では水性ウレタン塗料という特殊なタイプもあります。
シンナーにはアルコールやアセトン等、吸水性のある溶剤は使用しません。
理由はウレタン塗料は反応硬化をして塗膜形成しますが、
水分が有ることにより反応硬化出来なくなるためです。
近年、建築塗料ではターペン(塗料用シンナー)可溶の一液型ウレタン塗料が多く使われるようになっています。
ただ、通常の塗料用シンナーでは希釈が充分出来ない塗料もあり、
この場合、溶解力を上げたタイプである塗料用シンナーAをお勧めします。

 

お問い合わせフォーム

法人名・部署名

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

件名必須

メッセージ本文必須